たーの徒然

試行錯誤してます……

だから私は田舎から逃げた。

最近、私が勝手にメンター(優れた指導者という意味)と慕う、だいぽんさんの記事を読んでいて、ふと思うことがありました。

daipon01.com

 

この記事によれば、田舎は「老衰のシステム」がはたらいていて、

 

大人も子供も夢を見ない(「成功」を諦めている)、まず成功を想像できない(想像できる成功は公務員になること)、

 

優秀な人はすぐに流出し、

 

地域に残るのはさほど優秀でもない、保守的で現状維持志向の人たち。

 

その人たちが地域で活躍する主体となり、子供をもつ。

 

その子供たちは同じ価値観を持って大人となり、夢を見ない大人になり・・・

(初めに戻って循環・・・)

 

ということを書いてあり、

 

これを社会学では、社会的地位の再生産なんて言ったりしますが、

 

どこも同じなんだな・・・と共感し、落胆しました。

 

私の地元は北関東の最北、栃木です。

とはいえ、県南は東京から各駅電車で2時間あれば着き、

都心のベッドタウンとなっている場所もあるほど東京に近い。

 

そんなに都心に近い場所でも、同じ現象が起きています。

 

「公務員か地元銀行に就職」が最高に褒められる。

 

新聞、テレビはちゃんとあるし、

40代以下ならスマホはほとんどの人が持っている。

 

情報はちゃんと手に入れられる環境は整っている。

 

でも、すごく保守的で現状維持志向。

 

ネットリテラシーがホントに乏しい・・・

というのを帰省するたびに思います。

 

物心ついたころから携帯電話やホームページ、インターネットを利用し、動画やクラウド環境を活用する1996年以降生まれを「ネオ・デジタルネイティブ」というけれど、

 

私たちの世代が今、田舎で生活するのは、ハードの面(ネットにつながるための機材)よりソフトの面(ネットに対する価値観)の方がきついと思う。

 

ってか、ネットに対する否定的価値観がツラい

 

だから、それを逃れるように東京に出てきたわけですが・・・

 

当分、改善する感じはしないので、自分でネットリテラシーを高めて(これは田舎でもできる)、自分で頑張っていくしかなさそうですね。